menu
閉じる
  1. エッチの途中でゴムを付ければ大丈夫?妊娠しない?
  2. 低用量ピル「トリキュラーed」などをネット最安値で安く買う方法
  3. トリキュラーなどの低用量ピルを服用している期間に気をつけることは?
閉じる
閉じる
  1. まだ産める?高齢出産の現実
  2. 頭痛はホルモンバランスの乱れが原因?
  3. トリキュラーなどの低用量ピルを服用している期間に気をつけることは?
  4. 排卵の前と後では天国と地獄?ホルモンが乱れると体調も乱れる
  5. 冷え性は女性ホルモンの大敵!
  6. 排卵前と後では天国と地獄?トリキュラーなどの低用量ピルを上手に活用しよ…
  7. 不正出血の理由と原因とは?
  8. 病院で行う月経前症候群(PMS)の治療
  9. 女性ホルモンと体温は連動している?サプリメントのとり過ぎに要注意!
  10. 日本で最も使われている低用量ピルは「トリキュラー」
閉じる

トリキュラーedネット最安値通販

排卵前と後では天国と地獄?トリキュラーなどの低用量ピルを上手に活用しよう!

bihaku_img_141

排卵前とあとは、天国と地獄?

ひと月約28日周期(あくまで平均)でこの4つの時期をくり返します。なお、ここにあげた、4つの時期の日数は、あくまで目安です。人によって個人差が大きく、卵胞期が短かったり長かったり、それによって生理から次の生理までが短かったり長かったりします。

生理の周期の正常範囲は25日~38日が目安です。これより短かったり長かったり、いつもと違ったりしてきたら、婦人科を受診しましょう。

このように、女性のからだと女性ホルモンの関係を見てみると、女性がいかに女性ホルモンに操られているかがわかると思います。

なかでも毎月の排卵は、その前後で体調が大きく変わるため女性にとっての一大イベントです。子宮も卵巣も卵管も女性ホルモンのよって大きく変化します。さきほどもお話ししたように、生理から排卵まではエストロゲンが優位に働き、体調がよく、お肌がキレイな時期。いきいきとして気分が安定し、まさに天国です。

ところが、排卵後から次の生理までの黄体ホルモンが優位な時期は、ボーッとして水分や血行が滞り、腰痛、腹痛、イライラ、肩こり、尿量が減って、むくみ、便秘、肌あれ、吹き出物・・・と、不調がたくさんあらわれやすく、つらい時期となります。

体調の乱れはホルモンの乱れ

月1回の排卵というイベントによって、女性のからだも心も大きく変わるのがわかっていただけたでしょうか。
もともと、こんなに変化の激しい女性のからだに、さらにストレスが加わったら、どうなるか・・・・・・。冒頭でも説明したように、女性ホルモンをつかさどる脳の視床下部、下垂体はメンタルな影響を受けやすく、ストレスに敏感に影響される器官です。

卵巣からの女性ホルモンの分泌量に影響を与えるだけでなく、当然、生理にも異常があらわれます。
からだの栄養状態によっても、脳や女性ホルモンは左右されます。無理なダイエットなどで、一気に体重を落とすと、脳が生命の危機を感じ取ります。

脳は生命維持を最優先にするため、それ以外の機能はとりあえず、強力に、ストップさせます。生き残るためには、生殖機能は後回しにしますから、卵巣への指令(女性ホルモンの分泌)を抑え、排卵もなくなり、生理も止まります。

このように、私たち女性には、生理という非常にわかりやすいからだのサインがあります。生理に異常があらわれるということは、女性ホルモンが乱れている証拠です。生理は、女性のからだと心の状態をあらわす、大切なバロメーター。体調の崩れは、女性ホルモンの乱れなのです。

女性の骨盤はブランデーグラス

次に、大切な女性ホルモンを分泌する卵巣や子宮まわりの臓器が納められている、骨盤についてのお話もしておきましょう。骨盤も、不調の原因を考えるうえで、とても重要な部分を受け持っています。

そこでまた、クエスチョン!
「女性の骨盤と男性の骨盤の形が違うのを知っていましたか?」

そうなんです。女性と男性の骨盤の形は違うんです。男性の骨盤は、いってみればカクテルグラスみたいな形で、カーブが少なく縦に長くできています。もちろん大きさも女性より大きめサイズ。

女性の骨盤はというと、妊娠して大きくなる子宮を支える役割と出産時に赤ちゃんの出口を確保する役割から、出口(底の部分)が横に広くできています。いってみればブランデーグラスのような形。男性より狭くて底が丸いのが女性の骨盤です。

その骨盤には、直腸、膀胱、尿道などに加え、子宮や卵巣などの臓器まで詰まっているわけですから、骨盤内はキチキチでまさに満員電車状態。これだけで、女性が下半身の血流が悪くなり、冷えやすい理由が、わかっていただけたのではないでしょうか。

さらに、もうひとつ血流が悪くなる原因があります。それが骨盤底のカーブです。脚の血管は、そけい部(脚の付け根部分)から骨盤の底を経由し背中へと向かいます。そけい部から骨盤に至るところで、骨盤が大きなカーブを描いているため、欠陥は骨盤の形にそって大きく湾曲していかざるをえません。

そのため、血流が滞って血行が悪くなりやすいのです。これは骨盤内の臓器にも影響して、むくみ、冷え、下腹部の痛み、圧迫感を感じやすい原因となります。これらの症状は女性特有の悩みです。

関連記事

  1. other_03

    不正出血の理由と原因とは?

  2. bihaku_img_29

    排卵の前と後では天国と地獄?ホルモンが乱れると体調も乱れる

  3. zutsu

    頭痛はホルモンバランスの乱れが原因?

  4. 1215400_89460089

    病院で行う月経前症候群(PMS)の治療

  5. bihaku_img_120

    低用量ピルを服用する際の注意と低用量ピルによるガンのリスク

  6. 123

    女性ホルモンの周期と生理周期の骨盤について

おすすめ記事

  1. トリキュラーなどの低用量ピルを服用している期間に気をつけることは?
  2. エッチの途中でゴムを付ければ大丈夫?妊娠しない?
  3. 低用量ピル「トリキュラーed」などをネット最安値で安く買う方法

PICK UP

  1. tabako
    トリキュラーなどの低用量ピルを服用する以上は誰でも禁煙するのがベスト!ピルを服用する際に一番気を…
  2. bihaku_img_124
    はじめは生でエッチをして途中でゴムをはめれば妊娠しない?途中でゴムをはめても妊娠する確率は高いま…
  3. bihaku_img_45
    当サイトでは低用量ピル「トリキュラーed」のネット通販最安値情報を紹介しています。低用量ピル「トリキ…

低用量ピル売れ筋ランキング

ページ上部へ戻る