menu
閉じる
  1. エッチの途中でゴムを付ければ大丈夫?妊娠しない?
  2. 低用量ピル「トリキュラーed」などをネット最安値で安く買う方法
  3. トリキュラーなどの低用量ピルを服用している期間に気をつけることは?
閉じる
閉じる
  1. まだ産める?高齢出産の現実
  2. 頭痛はホルモンバランスの乱れが原因?
  3. トリキュラーなどの低用量ピルを服用している期間に気をつけることは?
  4. 排卵の前と後では天国と地獄?ホルモンが乱れると体調も乱れる
  5. 冷え性は女性ホルモンの大敵!
  6. 排卵前と後では天国と地獄?トリキュラーなどの低用量ピルを上手に活用しよ…
  7. 不正出血の理由と原因とは?
  8. 病院で行う月経前症候群(PMS)の治療
  9. 女性ホルモンと体温は連動している?サプリメントのとり過ぎに要注意!
  10. 日本で最も使われている低用量ピルは「トリキュラー」
閉じる

トリキュラーedネット最安値通販

冷え性は女性ホルモンの大敵!

hie

冷え性の根本は血液の循環が悪くなることですが、女性に冷え性が多い理由はいくつか考えられます。男性に比べて筋肉量が少なく脂肪が多いこと、骨盤を支える筋力が弱くゆがみやすいこと、そして女性ホルモンの働きによる原因が考えられます。

人間の体内では、体を動かしていないときは内臓が、体を動かしているときは筋肉が熱を発生させています。その熱を血液が全身に運んで手足を温め、熱を奪われた血液は温かい体の中心部に戻ります。

しかし、体温の4割以上が筋肉によってつくり出されているため、筋肉が少ない女性は熱をつくり出す力や血液を循環させる力が弱いのです。それに加えて骨盤がゆがんでいたら、下半身の血流がますます悪くなります。さらに脂肪は一度冷えてしまうと温まりにくい性質を持っています。

また、エストロゲンには熱をつくりにくい性質があるので、プロゲステロンよりもエストロゲンの分泌が増える生理期から排卵期までは低温期になります。

さらに、ストレスも冷えを起こす原因になります。内臓や血管の働きを調整する自律神経は、体の緊張を高める「交換神経」とリラックスさせる「副交感神経」のバランスをとりながら体温をコントロールしています。

交換神経の働きで熱をつくり、副交感神経の働きで緊張が緩むと血流がよくなり、温かい血液が流れます。ところが、ストレスや不規則な生活で自律神経のバランスがくずれると体温をうまく調整できなくなるのです。

自律神経は女性ホルモンの変動にも左右されるため、女性ホルモンのバランスが乱れると冷えを起こしやすくなります。

体が冷えると血液の循環が悪くなり、卵巣をはじめあらゆる内臓の機能が低下します。そのため、自律神経や女性ホルモンがバランスをくずし、便秘、生理痛、生理不順などの不調を引き起こすのです。

卵巣の血液量が低下すると卵子の育ちが悪くなり、ときには不妊にもつながるので、放置せず、早めに冷え対策をとりましょう。

冷え性の目安は、手足の冷え以外にも、内臓の冷えがあります。現代女性は低体温の人が増えていますが、36度より体温が低ければ、自覚はなくても冷え性です。

関連記事

  1. 123

    女性ホルモンの周期と生理周期の骨盤について

  2. bihaku_img_29

    排卵の前と後では天国と地獄?ホルモンが乱れると体調も乱れる

  3. bihaku_img_141

    排卵前と後では天国と地獄?トリキュラーなどの低用量ピルを上手に活…

  4. bihaku_img_120

    低用量ピルを服用する際の注意と低用量ピルによるガンのリスク

  5. 1215400_89460089

    病院で行う月経前症候群(PMS)の治療

  6. other_03

    不正出血の理由と原因とは?

おすすめ記事

  1. トリキュラーなどの低用量ピルを服用している期間に気をつけることは?
  2. エッチの途中でゴムを付ければ大丈夫?妊娠しない?
  3. 低用量ピル「トリキュラーed」などをネット最安値で安く買う方法

PICK UP

  1. tabako
    トリキュラーなどの低用量ピルを服用する以上は誰でも禁煙するのがベスト!ピルを服用する際に一番気を…
  2. bihaku_img_124
    はじめは生でエッチをして途中でゴムをはめれば妊娠しない?途中でゴムをはめても妊娠する確率は高いま…
  3. bihaku_img_45
    当サイトでは低用量ピル「トリキュラーed」のネット通販最安値情報を紹介しています。低用量ピル「トリキ…

低用量ピル売れ筋ランキング

ページ上部へ戻る